ニュース

アフリカでハイエースが売れる理由

キャンピングカーから福祉車両まで、日本では幅広い用途で利用されるハイエース。6~14人乗りのタイプが一般的ですが、アフリカではなんとバスとして利用される事もあります。後部座席のシートを縦にして配置を変え、一人でも多く乗車できるように工夫されています。ハイエースは弊社が輸出台数日本トップクラスのシェアを誇るモデルで、お客様からは「4時間かけて学校まで歩いていたが、(ハイエースが手に入ってから)通学時間が半分になった」という嬉しい声も頂いています。

走行距離10万キロオーバーでも大活躍。安全性が高く評価されています

自分の乗っている車の走行距離が10万キロに近付くと、「そろそろ買い換えようかな」と思われる方は多いのではないでしょうか。ところがアフリカに輸出されている日本の中古商用車は、20~30万キロ以上走っているものがほとんどです。日本製の商用車は品質面において信頼性が非常に高く、日本では使われなくなっても、アフリカの人々の生活を支える重要なアイテムとなっています。

ハイエースが現地ではバスとして利用されています!

キャンピングカーから福祉車両まで、日本では幅広い用途で利用されるハイエース。6~14人乗りのタイプが一般的ですが、アフリカではなんとバスとして利用される事もあります。後部座席のシートを縦にして配置を変え、一人でも多く乗車できるように工夫されています。ハイエースは弊社が輸出台数日本トップクラスのシェアを誇るモデルで、お客様からは「4時間かけて学校まで歩いていたが、(ハイエースが手に入ってから)通学時間が半分になった」という嬉しい声も頂いています。

エンジンが人気の秘訣です

それでは、数多くある商用車の中でハイエースが特に人気なのでしょうか?理由は他の車に勝る高性能のエンジンです。ハイエースのエンジンは特に耐久性に優れていて、長い年月使用しても壊れにくく、また壊れても修理がしやすいのが特徴。アフリカのお客様では「このエンジンのハイエースが欲しい」と指定でオーダーを頂くこともあります。

最新ニュース一覧