ニュース

海外ユーザー向けwebサービスCarused.jpにスペイン語が追加

中古車輸出のECサイトCarused.jpを運営する株式会社カーペイディーエム(本社:東京都渋谷区、代表:茶谷信明)では、中古車に関する世界のニュースを報道関係者の皆様に向けて定期的に発信しています。

多言語化に向けスペイン語の利用が可能に

Carused.jpについにスペイン語が追加され、利用可能になりました。Carused.jpは全世界のユーザーに向けて中古自動車をweb販売しているサービスで、スペイン語の追加でより多くのお客様にサービスを提供すことが可能となりました。

今後もお客様の幅をより広げていくため、積極的に多言語対応に向けて取り組んでいきます。

全5か国語に対応 20億人の幅広いユーザーに対応可能

スペイン語の追加により、今までの英語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語と合わせて5か国語に対応が可能となりました。これらの言語を使用する人口は約20億人を超えるとも言われ、幅広いユーザーの方々に中古車販売サービスを提供することが可能となりました。

当社にはフランスやカナダ、ブラジルなど、様々な国籍のスタッフが働いており、オフラインでのサポートのみならずwebサイト上でのサービス向上を目指していきます。

最新ニュース一覧

ニュースをもっと見る